中国華南・品質道場中国華南の生産現場から品質改善

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
新QC七つ道具:アローダイヤグラム 12:11
新QC七つ道具アローダイアグラムです.

アローダイヤグラム
クリックすると大きくなります


複数の工程で構成されるプロジェクトなどのスケジュール管理に用いられます.
RERT図法と呼ばれることもあります.

| 品質改善 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by クオリティマインド - -
新QC七つ道具:マトリックス図 17:57
新QC七つ道具がどのように活用できるかを表現した図です.
マトリックス図
クリックすると大きくなります


この図そのものが,新QC七つ道具のマトリックス図です.
新QC七つ道具を立ての行に配列,活用例を横の列に配列.列と行の各々の関連の程度を,◎,○であらわしています.


こんなバリエーションもあります.
Y型マトリックス図
Y型マトリックス図
クリックすると大きくなります
| 品質改善 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by クオリティマインド - -
QC七つ道具:パレート図 14:06
QC七つ道具の一つ,パレート図は,不良原因などを件数と累積比率の複合グラフで示したものです.不良原因の影響度をABC分析し,改善活動において優先順位を判断するのに活用します.

多くの方が,パレート図を活用されておりしばしば目にする機会があります.
しかしこんなパレート図を目にすることはありませんか?
間違ったパレート図間違ったパレート図
クリックすると大きくなります.

パレート図の説明や,描き方を書いた書籍まで,この様なパレート図を例として載せているがあり,ちょっとがっかりします.

私たちが,正しいパレート図として習ったのはこんなグラフになります.
正しいパレート図正しいパレート図
クリックすると大きくなります.

累積比率を表す折れ線グラフは,原点(0,0)を通り,一番目の棒グラフの右肩を通る.
と言うのが正しいパレート図の描き方だと,習いました.

実は私自身も,つい最近までエクセルを使ってパレート図を描く時は,上のようなグラフしか作れませんでした.
多少正しいパレート図と違っていても,パレート図の本質を見失わなければ問題ない.むしろ詳細にこだわって本質を見失うのは本末転倒だと,自己正当化していました.

しかし偶然正しいパレート図をエクセルで描く方法を思いついてしまいました.
正しいパレート図が書けると大変気持ちが良くなります.
そんな訳で,最近は正しいパレート図を描くことを強く奨励しています.
| 品質改善 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by クオリティマインド - -
不良品の流出 22:00
 中国の委託工場で,どう見ても工程内で不良として除去されねばならない物が出荷されてしまう事がある.

 プラスチック筐体に入った電源装置が客先から不良返却されてきた.
中をあけてみると,部品固定用の接着剤がめちゃくちゃに塗布されていた.
不良は別に原因があったのだが,何人もの作業員が接着剤の塗布が異常であるのを見ているはずなのにそのまま出荷してしまった.

 接着剤を塗布した作業者,その下流のケースをつけるまでの工程の作業者が接着剤の塗布に異常があることを見ていながら全員何事もなくその製品を流してしまったわけだ.「異常品」を見つけても自分の作業として指示がされていなければ何もしない.

 どうも彼らには,他人の仕事に口を出してはいけないという間違った「美徳」がある様である.

 問題を発生させた工程と,その後で気が付くべき工程の作業者全員に連帯責任で罰金をかけるという手もあると思う.しかし過去の出来事で叱られても実感がわかない.このような不良が見つかるのは,氷山の一角でしかないので単に「運が悪かった」と思うだけ.ということであまり効果がないだろう.

 また現場で叱ろうと思っても,このような現場に出会うのはよほどの幸運がなければ見つからない.

 即効性は期待でないが,毎日毎日言い続けて作業者や班長たちの意識を換えてゆくしかてはないと思っている.
私は「Check-Do-Check」,前工程から受け取ったものをチェックして自分の作業をする,自分の作業結果をチェックして次工程に流す,ということをしつこく指導した.
また前日の不良品を集めて製造,品証,生産技術を中心とした幹部と毎朝不具合検討会をやっていたが,この場で教材になると思える不具合品があると,製造の班長を呼び現物を見せてしつこく教えた.

 「異常とはいつもと違うこと」の具体例を現物で見せるわけだ.そして異常があれば必ず報告するように作業員に指導させる.

 最終製品がエンドユーザにどのように使われているのかを,理解させる.
それと平行して自分たちの使命(例えば良い品質の製品をお客様に届けて他の会社より高くても買っていただく)を良く理解させて,仕事に対する誇りを持たせる.

 自分たちの仕事や製品に対する誇りがあれば,指示されたこと以上の仕事ができると考えている.


JUGEMテーマ:品質保証


| 品質改善 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by クオリティマインド - -
五ゲン主義 23:52
五ゲン主義というのは,現場,現物,現実の「三現主義」「原理」「原則」の二原を追加したものだ.

中国で指導する時は「5ゲン主義」では意味が通じない.(中国語では「現」と「原」の発音が違う)
「三現二原主義」と説明している.

5ゲン主義の実践が問題解決の基本である.


現場
現物を見て
問題点を具体化し
原理原則に基づき
現実的な解決方法を制定する


原理・原則に基づかない解決策は,一時的に問題が解決したように見えても,必ず問題が再発する.
現実的な解決方法でなければ,現場はそれを実施することが出来ない.

ここで気をつけなければいけないのは,「原理」は永久に変わらないが「原則」は環境,時代が変われば変わるということだ.過去の原則や,日本の原則にこだわっていてはうまく行かない.


5ゲン主義に関しては,古畑友三氏の「5ゲン主義シリーズ」が参考になる.5ゲン主義入門




JUGEMテーマ:品質保証


| 品質改善 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by クオリティマインド - -
| 1/1 |
ブログパーツUL5