中国華南・品質道場中国華南の生産現場から品質改善

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
QC七つ道具:パレート図 14:06
QC七つ道具の一つ,パレート図は,不良原因などを件数と累積比率の複合グラフで示したものです.不良原因の影響度をABC分析し,改善活動において優先順位を判断するのに活用します.

多くの方が,パレート図を活用されておりしばしば目にする機会があります.
しかしこんなパレート図を目にすることはありませんか?
間違ったパレート図間違ったパレート図
クリックすると大きくなります.

パレート図の説明や,描き方を書いた書籍まで,この様なパレート図を例として載せているがあり,ちょっとがっかりします.

私たちが,正しいパレート図として習ったのはこんなグラフになります.
正しいパレート図正しいパレート図
クリックすると大きくなります.

累積比率を表す折れ線グラフは,原点(0,0)を通り,一番目の棒グラフの右肩を通る.
と言うのが正しいパレート図の描き方だと,習いました.

実は私自身も,つい最近までエクセルを使ってパレート図を描く時は,上のようなグラフしか作れませんでした.
多少正しいパレート図と違っていても,パレート図の本質を見失わなければ問題ない.むしろ詳細にこだわって本質を見失うのは本末転倒だと,自己正当化していました.

しかし偶然正しいパレート図をエクセルで描く方法を思いついてしまいました.
正しいパレート図が書けると大変気持ちが良くなります.
そんな訳で,最近は正しいパレート図を描くことを強く奨励しています.
| 品質改善 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by クオリティマインド - -
スポンサーサイト 14:06
| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://quality-mind.jugem.jp/trackback/15
<< NEW | TOP | OLD>>
ブログパーツUL5