中国華南・品質道場中国華南の生産現場から品質改善

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
第四期第十回品質道場: 「品質意識向上」 21:31
中国の工場を指導し始めて15年以上立ちました。
異文化環境の中で、いかにして作業員や現場リーダの品質意識を高めるか、と言うのが一貫した課題でした。独立後も、工場経営者の方々と共に、定例の「人財育成勉強会」で議論したのは、中国人従業員の仕事に対する意欲はどうしたら高められるか、と言うテーマでした。

そんな研究の中で、大きなヒントになったのは東京ディズニーランドです。東京ディズニーランドの従業員は90%がアルバイト、毎年50%の離職率と言う状況が、中国の工場と同じだと気が付いたのです。つまり従業員のほとんどが農村からの出稼ぎ労働者であり、三年で作業員が全部入れ替わる中国の工場と同じ環境に有りながら、東京ディズニーランドは、高い顧客満足度を得て、毎年営業利益を上げ続けています。

アルバイト社員でも、離職率が高くても、次の様な組織を作る事は可能なのです。
・組織内のコミュニケーション量が多い。
・ミーティングでの発言が建設的かつ活発。
・頻繁に個人経験を共有する行動が見られる。
・一人ひとりに責任を持つことが要求されている。
・相互の仕事に関心を持っている。

一方で中国工場では、
・品質マニュアルは完璧だが、しばしば品質問題が発生する。
・同じような品質問題がたびたび発生する。
・指示したことは一生懸命してくれるが、自ら考えて行動できない。
この様な状況で悩んでいる方が多くおられます。

工場とテーマパークでは事情が異なります。
しかしここで取り扱う「意識」の問題は、業種に関わらず共通のテーマだと考えています。なぜならどんな業種であろうと、そこには働く人がいるからです。

今回の品質道場では、品質意識を向上させるための
・組織内に知識や知恵を蓄積する方法。
・組織メンバーの意欲・士気を高めるメカニズム。
・組織のベクトルを合わせる方針管理・目標管理手法。
について勉強します。

経営者、経営幹部の皆さんにご参加いただきたいと思います。

□■ 第四期・第十回品質道場 ■□

テーマ:品質意識向上
対象:経営者、組織運営に携わる幹部
日時:4月19日(土)9:00〜16:00
場所:東莞市東城区東昇路 クオリティマインドオフィス
費用:1000元/人(発票がご入用な方はあらかじめご相談ください)
募集人数:8名様まで
講師:林徹彦(日本語)向三元(中国語)

■第四期は今回で最終回です。5月24日(土)から第五期が始まります。

■人数制限について
品質道場は、「教える」ではなく「育てる」をモットーにしています。
そのため一回の講義演習を8人に制限しています。ご理解ください。

■現場リーダや品質部スタッフのための品質意識向上研修は、別途ご提供
可能です。ご相談ください。



お申し込み,お問い合わせは電話(TEL:186-8104-5581・林)または右のアイコンからE-Mailでお問い合わせ

| 品質道場 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by クオリティマインド - -
スポンサーサイト 21:31
| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://quality-mind.jugem.jp/trackback/47
<< NEW | TOP | OLD>>
ブログパーツUL5