中国華南・品質道場中国華南の生産現場から品質改善

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
品質は掛け算 00:33
あとで読む品質保証は全てのプロセスの成果の掛け算です.

品質は掛け算

製品実現にかかわる全ての人の成果の掛け算です.足し算ではなく掛け算.つまり誰か一人でもゼロを取れば,全体の結果もゼロになります.

一人ひとりがこれをよく理解し,仲間に迷惑をかけない,自分の責任をきちんと果たすことによって顧客が満足する品質が得られるのです.
従って品質保証の責任は,一人ひとりが持つものです.品質保証部が品質を保証するわけではありません.
品質保証部の仕事は,一人ひとりが品質保証できていることを確かにすることです.

「一人は全てのために,全ては一人のために」


品質は「人質」です.人質とは技術や技能ばかりではなく,この様な「品質第一のココロ」が必要です.品質第一のココロを全従業員に根付かせることが,品質保証部の重要な役割です.

ではどうすれば,品質第一のココロを持たせられるか?
品質のココロは「命令と服従」によって養えるものではありません.「説得と納得」で教えなければなりません.
そのためには,「物語力」が必要です.感動による納得で理解させる.

私が一番受けたいココロの授業 講演編 与える者は、与えられる―。右にご紹介する2冊の本は,上田市にある専門学校で就職指導をしている比田井和孝先生の本です.
彼の「私が一番受けたいココロの授業―人生が変わる奇跡の60分」を読んで大変感動し,上田市までお目にかかりに行ったことがあります.
彼は若い専門学校生に,働くことの意義と喜びを教えておられます.
私が一番受けたいココロの授業―人生が変わる奇跡の60分
こういうことを工場で働く若い中国人に教えることが出来れば,すばらしい工場になるはずです.
比田井先生がどんな話をして若者のココロを育てているか参考にしてみてください.


| 品質意識 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by クオリティマインド - -
スポンサーサイト 00:33
| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://quality-mind.jugem.jp/trackback/7
<< NEW | TOP | OLD>>
ブログパーツUL5